title
2019年10月23日発行(Vol.19,No.43)


地震予測サマリ−
〇今週の使用データ
・速報解データ(10月13日〜10月19日):週間高さ変動、水平変動図、隆起沈降図に使用。

〇今週の注目ポイント
・4cm以上の週間高さ変動は徳島県の「P由岐(ゆき)」の1点のみ。 全国的に静穏状態です。静穏状態の後に大きな地震が起きる可能性があります。
・隆起・沈降は全国的に隆起。
・水平方向の変動は北海道でほぼ南南東または南南西方向、東北地方で南南東または南東方向、北信越地方で南東方向、 九州北部および南部で東南東方向、南西諸島で東南東方向に活発。

〇要警戒
(震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い)

東北地方・北関東
関東地方周辺
北信越地方・岐阜県
南海・東南海地方
九州南部

〇要注意
(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)

北海道釧路・根室周辺
北海道道南・えりも・青森県周辺
鳥取県・島根県周辺
九州北部
南西諸島


【目次】
1.地震予測
2.コラム
3.皆様の街の電子基準点


1.地震予測
北海道・青森県
yosoku1
要注意:北海道釧路・根室周辺
(11月ごろまで注意)

釧路地方北部、釧路沖で小地震が起きています。
釧路・根室周辺は隆起しました。 「根室3」と「阿寒2」の高さの差は10.1cmと依然大きいです。
南南西方向の水平変動が散見されます。

要注意:北海道道南・えりも・青森県周辺
(12月ごろまで注意)

浦河沖で小地震が起きています。
「平取」と「門別」の高さの格差は5.0cmと先週と同じですが大きな値です。
えりも周辺に南西方向の水平変動が見られます。 北海道の他の地域と異なる方向ですのでひずみが溜まっています。


東北地方・北関東
yosoku2
要警戒:東北地方・北関東
(10月ごろまで警戒)

宮城県沖、秋田県内陸北部で小地震が起きています。
南北に走る奥羽山脈の日本海側は沈降地帯でしたが、ここ最近、隆起傾向に転じておりひずみが溜まっています。
東北地方の青森県は南南東方向、他の地域は南東方向の水平変動が活発です。 水平変動の向きが変わる岩手県北部と水平変動が途切れる福島県南部はひずみが溜まっています。


関東地方・北信越地方・中部地方
yosoku32
要警戒:関東地方周辺
(12月ごろまで警戒)

茨城県南部、東京都多摩東部、父島近海で小地震が起きています。
箱根周辺の隆起はまだ続いています。火山活動の影響が考えられます。
伊豆諸島の御蔵島に東方向の水平変動が見られます。 御蔵島は他の多くの島が隆起しているのに対し沈降しています。不安定です。
小田原のPv観測点に異常が出ています。

要警戒:北信越地方・岐阜県
(11月ごろまで警戒)

先週大きく沈降した長野県の「八千穂」、「軽井沢」、「高遠」、福井県の「和泉」は今回隆起しました。 高さの変動が激しく不安定です。
群馬県南部に他のエリアと異なって南西方向の水平変動が見られます。 ひずみが溜まっています。


近畿地方・中国地方・四国
yosoku4
要警戒:南海・東南海地方
(10月ごろまで警戒)

4cm以上の週間高さ変動が徳島県の「P由岐(ゆき)」に出ました。
四国南西部の隆起が目立ちます。 和歌山県の「那智勝浦」が急激に隆起しました。年初から5cm近く隆起していてとても不安定です。
四国の水平変動はほとんど見られません。

要注意:鳥取県・島根県周辺
(11月ごろまで注意)

このエリアは今回隆起しました。 島根県の「広瀬」は他の多くの点が隆起しているのに対し沈降しました。不安定です。
水平変動はあまり見られません。


九州
yosoku5
要注意:九州北部
(10月ごろまで注意)

熊本県熊本地方で震度3の地震が起きました。
九州北部は隆起しました。熊本県の「長陽」と「阿蘇」の高さの格差は5.7cmと大きな値です。 熊本県と大分県の県境周辺の沈降はまだ目立ちます。不安定です。
長崎県は東南東方向の水平変動が活発です。

要警戒:九州南部
(12月ごろまで警戒)

九州南部は今回隆起しました。鹿児島県の「鹿児島福山」が急激に隆起しました。不安定です。
鹿児島県周辺に東南東方向の水平変動がまとまって見られます。不安定です。


南西諸島
yosoku6
要注意:南西諸島
(12月ごろまで注意)

南西諸島は今回大きく隆起しました。 先週大きく沈降した鹿児島県の「十島」は今回大きく隆起しました。不安定です。
このエリアは東南東方向の水平変動が活発です。大東諸島の「北大東」に逆の北西方向の水平変動が見られます。


2.コラム
No.19 地震前兆のリモートセンシング-5
地殻に異常変動が現れる前兆〜その1

 地震の前に前兆現象として「地殻に異常変動が現れる」ことは科学的に検証出来ていますが、 地震はとても複雑な現象ですので地殻の異常変動の観測データから自動的に地震予測をするには至っていません。 JESEAは発表はしていませんが内部研究として人工知能(AI)を使った地震予測を実施していますが、 公表するのに十分な大地震の検証事例が集計されていません。 最近の震度5以上の地震の例ではかなり的中率が高くなっています。まだ1,2年はじっくり検証事例を蓄積するつもりです。
 地殻変動をどのように読み解くかでは経験則も大切です。 地震の前にどこの場所で起きるか、震源が浅いか深いか、内陸か海域かは未知です。 長年の経験則が読み解くカギになります。明瞭な経験則を3つ紹介しましょう。
 第1の経験則に、4cm以上の週間高さ異常変動がある地域にまとまって現れた時は、 その地域の周辺に震度5以上の大きな地震が起きる可能性が大きいです。 分かりやすい事例では、2018年5月12日と25日に連続しておきた長野県北部地震があります。 長野県の北部の南の方と北の方の二つの地域に分かれて約3か月前にまとまって4cm以上の週間高さ変動が出ました。 二つの地域に分かれたので困ったと思ったのですが、5月12日に南の方(M5.2、震度5弱)と5月25日に北の方(M5.2、震度5強)の 二つの地震が連動して起きました。


3.皆様の街の電子基準点
photo
今週の電子基準点:秋田県の「八森」

写真提供者の田中和義様からコメントをいただいております。
「秋田県の八峰町というところにポツンと佇んでおりました。 何もない場所ですが、たまたま目に入ったので記念に撮影しました。」


※用語について
・速報解データ:国土地理院が提供する「日々の座標値(R3)」。観測した日の2日後に公開。
・最終解データ:国土地理院が提供する「日々の座標値(F3)」。観測した週の約2週間後に公開。
・「S天竜」のように本文中で「」でくくられたものは電子基準点の名称です。

※使用データと計測期間について
「隆起沈降図(H)」(地震予測エリアマップのベースとして使用)
速報解データ使用
2017年1月を基点とした高さ(正式には楕円体高)の隆起沈降段彩図(色別の等高図)です。
黄緑・黄色・赤・茶色は数値がプラス(隆起)、青色系統の色はマイナス(沈降)を意味します。 濃い色ほど値が大きいです。

「週間高さ変動」
速報解データ使用
1週間の短期的な高さの変動を表します。

「水平変動(水平ベクトル)」
速報解データ使用
水平方向の動きを矢線で表します。 4週前と比べてどの方向に4ミリ以上水平変動したかを矢印の向きと長さ(変動の大きさ)で表しています。 短期的な動きを捉えることができます。

「6か月間の週間高さ変動」
 計測期間:2019年4月14日〜2019年10月5日 最終解データ使用
過去6か月間で5cm以上を記録した点です。

「Pv観測点(プライベート電子観測点)」
実証実験中ですが、ユーザーの方々のご希望もあり、異常が現れれば本文中に記載いたします。

・JESEAは、国土交通省国土地理院の電子基準点データを解析に使用しております。 各エリア毎に約2〜3年間にわたる長期の異常変動の傾向を示す「隆起沈降図(H)」をベースに 1週間の短期的な高さの変動を表す「週間高さ変動」と過去6か月間の最終解データの「週間高さ変動」で5cm以上を記録した点、 そして水平方向の4週前との変動を矢線で表した「水平ベクトル」を掲載します。


ご購読、ありがとうございます。 ホームページでも詳しい技術的な説明など、情報発信しております。 よろしければ、チェックしてみて下さい。よろしくお願いいたします。
http://www.jesea.co.jp
※「MEGA地震予測」では、国土地理院のGNSS連続観測点データを元に導き出した地盤の変動情報と過去の地震の震源、震度、 マグニチュード、被害の程度などとの相関分析をして、地震の前兆現象として捉え地震予測を提供しています。 だいたい、震度5以上の地震を想定しております。
JESEAの地震予測は震源地やマグニチュードを予測するものではありません。揺れる地域と震度を予測します。
※データは欠測値の有無および上空視野障害や受信ノイズ等による受信障害 の程度により信頼性を評価した上で棄却する場合があります。
※地震は複雑な自然現象です。本情報はあらゆる地震をすべて予測できるものではありません。 また、予測が外れる場合もあります。

※解約について
ご加入いただいている各配信会社にて解約をお願いします。
まぐまぐ
http://help.mag2.com/000007.html
niconico
http://qa.nicovideo.jp/faq/show/755
フーミー
https://foomii.com/files/information/help.html

※メールアドレスの変更について
ご加入いただいている各配信会社にて変更をお願いします。
まぐまぐ
https://help.mag2.com/000005.html
フーミー
https://foomii.com/files/information/help.html

『国土交通省国土政策局「国土数値情報(湖沼データ)」を使用しています。』

掲載された情報に起因するトラブル、損害等に関しては責任を負いかねます。
個人の責任においてご利用ください。
掲載記事の無断転送・転載・2次利用はご遠慮ください。
本掲載記事の著作権はJESEAが保有しております。
© 2019 JESEA All Rights Reserved.
inserted by FC2 system