食環境食と文化>>オリーブ研究会

オリーブの起源と歴史

オリーブ(Olea europaea Linne)は、モクセイ、ヒイラギ、ネズミモチ、ジャスミン、ライラックなどと同じモクセイ科の常緑樹で、野生種と栽培種とがあります。野生種は有史以前から地中海沿岸からアフリカ北岸一帯に自生していて、この野生種を今から5千年から6千年前にヨルダン川の渓谷(死海とガレリー湖の間)とされています。一般的には、ギリシャだと知られることが多いですが、古い農耕の文化の歴史をたどると、ギリシャ文明を遥かにさかのぼる時代にすでに確立されていたとされ、現在の栽培種の起源となりました。
 オリーブの起源は小アジアとされ、シリアからトルコを経てギリシャへと拡がったとされています。オリーブは南カフカス山脈からイラン高原やシリア、パレスチナ周辺の地中海沿岸部地域から拡がり、キプロス島からトルコ方面へ、またクレタ島からエジプト方面へと2方向に拡がりました。
 もともと、ギリシャなど地中海沿岸でオリーブ栽培が飛躍的に発展した理由は、オリーブが痩せた土地でも生育できたからです。その時代、森林破壊、冬雨増加の中で土壌劣化が急速に進行し、そんな土地に実る作物は、むしろオリーブしかなかったというのです。
 ところで、オイルという言葉の語源は、アラビア語でオリーブの意味します。オイルといえばオリーブオイルしかなかったわけです。人間の生活に役立つ植物だったので、ワインと並び人類史上最も早く栽培が始まったもののひとつでもあります。

オリーブの起源

 このオリーブの栽培を地中海沿岸に広めたのは、通商や航海術に長けていたフェニキア人、ついで高い文化を誇ったギリシャ人、さらに大帝国を築き上げたローマ人達だったと言われています。紀元前16世紀、フェニキア人はギリシャの島々へのオリーブ栽培の普及を始め、紀元前14世紀から12世紀の間には、ギリシャ本土にもオリーブ栽培を導入しました。そして、オリーブ栽培に関する法令が発布された紀元前4世紀頃にはギリシャ本土での栽培は増加し、重要な産業となりました。  オリーブ栽培の拡大は、紀元前6世紀頃から西へ進み、地中海諸国を通り、リビア、チュニジアやシシリー島へと拡がり、そこから南イタリアへ、さらにイタリア北部へと拡がった。ローマ人支配地域が北アフリカに到達した頃、現地のベルベル人は野生オリーブに他品種を接ぎ木する方法を発明します。ローマ人支配地域でオリーブ栽培が発展していきました。ローマ人は占領地への植民のためにオリーブ栽培を行い、結果として地中海沿岸への国々へ栽培を拡げていきました。
 コロンブスのアメリカ大陸発見とともに、オリーブ栽培は地中海地域を越えて拡がっていきました。まず、セビリアから 西インド諸島に運ばれ、後にアメリカ大陸へと拡がり、植民地時代に植物の一つとして持ち込まれてオリーブは、 1560年頃にはメキシコにおいても栽培され、その頃ペルー、カリフォルニア、チリ、アルゼンチンでも栽培され始まりました。今日ではその発祥地から遠く離れたオーストラリア、中国、南アフリカ、そして日本においても栽培されるようになりました。

 

オリーブ生産のお話

 オリーブの品種は、世界で1200種以上あるとされています。日本国内に導入された品種も50〜60種あると云われています。しかし、家庭用に栽培される目的で流通している品種は少なく、一般的には数10種類に過ぎないようですが、オリーブの品種を選定する場合、栽培する目的が、ガーデニングなど園芸用に樹形を楽しむ物なのか、オリーブオイルを採るものなのか、果実で塩漬けなどの加工品を作るものなのかによって大きく変わってきます。
 オリーブは重要な商品作物で、FAOの統計資料によると、98%以上の生産国は地中海に面し、そのうち、2/3がヨーロッパ州に集中しています。
 2002年のオリーブの実の生産量は1398万トンであり、全体の30.8%をスペインが生産(430万トン)していた。生産上位10カ国は、スペイン、イタリア(19.5%)、ギリシャ(14.3%)、トルコ(10.7%)、シリア(7.1%)、モロッコ(3.0%)、ポルトガル、エジプト、アルジェリア、ヨルダンなど。
 1960年には年産400万トンだったが、1990年に1000万トンを超えました。2002年までの10年間に生産量が著しく増加した国は、スペイン(140万トン)、シリア(80万トン)、トルコ(70万トン)、エジプト(30万トン)。ギリシャ(20万トン)、ヨルダン(15万トン)で、減少が著しい国はイタリア(50万トン)、チュニジア(20万トン)です。
 2002年時点で、地中海に面した国のうちオリーブ生産量(果実)が少ないのはアルバニア(2.7万トン)、キプロス(1.8万トン)、フランス(2万トン)、マルタのみで、地中海以外であっても、地中海性気候に属する地域を含む国ではオリーブが生産されています。例えば、イラン(4万トン)である。中央アジアでもわずかに生産されていますが統計データとしてはごく少量です。



WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system