トップページ > 図解|医食同源辞典



【パ】



パセリ

メーン料理のかたわらで、こぢんまりとたたずんでいるパセリ。目立つ存在ではありませんが、ビタミンや鉄分をたっぷり含む、実力派の野菜。付け合わせに添えることで、食事の栄養バランスがよくなります。
ビタミンB1が豊富 貧血の予防、解消に!
パセリには、ビタミンやミネラルが詰まっています。食事の栄養バランスを考え、不足しがちな栄養を補うようにしましょう。
現代人に不足しているビタミンの一つがB1。疲労やけん怠感、集中力が欠けている、イライラするという症状は、ビタミンB1の不足が原因の一つともいわれています。糖質を分解する酵素を刺激してエネルギーに変える働きがあるため、疲労回復などに効果があります。水溶性で熱に弱いので、火の通っていない付け合わせのパセリは、ビタミンB1を摂取するにはぴったり。
肌やつめ、粘膜を健康に保つ役割をする、ビタミンB2やビタミンCも豊富。風邪の予防に効果があるだけでなく、風邪で傷んだ皮膚や粘膜を正常な状態にもどします。食欲が減退する口内炎の解消にも一役買う。貧血の解消や予防に効果がある鉄分も含んでいますが、鉄分の吸収を助けるのがビタミンC。鉄分もビタミンCもたっぷりのパセリは、貧血の予防に理想的な一品です。

<メモ>
焼肉店では、食後に口臭を消すためガムなどを配るところが多い。実は、食後の消臭で使われた食品の元祖ともいえるのがパセリ。古代ギリシャ人は食後にパセリをかんで、口臭を消したといいます。これは、消臭成分のクロロフィルの効果。数学や天文学などに多くの功績を残す古代ギリシャ人。クロロフィルの存在を知っていたとは思いませんが、その知恵には脱帽です。
〜レシピ〜
パセリは、緑色のサプリメント(栄養補助食品)。まず、カルシウムと鉄分の宝庫ですから、骨を丈夫にしてくれるはず。美肌効果のビタミンCとビタミンEも豊富。カロチンもたっぷり。これはもう、美容食であり、不老長寿食なんですネ!

パセリ知識

 パセリ(学名:Petroselium crispum)は、セリ科の二年草。野菜として食用にされる。和名はオランダゼリ(和蘭芹)。(英語 parsley、フランス語 persil、中国語 香芹 xiangqin)葉が縮れているので、カーリーパセリ(Curly parsley)とも呼ばれる。葉が縮れていないイタリアンパセリ(学名:P. neapolitanum)は同属別種。中国パセリ(コリアンダー、学名:Coriandrum sativum)は同科別属

特徴

地中海沿岸原産。草丈は15〜20cmで、さわやかな香りを持ち、あざやかな緑色をしている。古代ローマ時代より料理に用いられており、世界で最も使われているハーブの1つでもある。地質や気候への適応性に優れ、栽培が容易なため世界各地で栽培されているが、乾燥には弱い。

用途・効果

日本では主に料理の付け合わせや飾り(デコレーション)として使われるが、他にもそのまま食用としたり、ブーケガルニなどにして香りづけに用いたり、におい消し、飲用など多種多様の形で利用されている。また、パセリは精油成分を多く含むハーブの1つでもある。あの独特の香りは、アピオールなどの精油成分によるもので、口臭予防、食欲増進、疲労回復、食中毒予防効果などがある。また料理の他に、種子の抽出液は肌のシミをとる効果があり、肌の手入れに用いたりもする。ただし大量に用いると、血圧低下、麻痺などを起こすことがあるといわれている。

栄養

生のパセリは、独特の香りや味があるため、サラダや料理の付け合せにすると、ほとんど食べることがないと思います。
せっかくの栄養豊富な野菜ですから、細かく刻んでスープに入れたり、料理にふりかけて使うなど工夫するとよいでしょう。ちなみにパセリの香り成分は、バターの臭いを消す効果があります。
保存方法
パセリは乾燥に弱い野菜なので、冷蔵庫で保存するのがよいでしょう。短期保存するときは、軽く水洗いしてよく水を切って保存袋に入れ、野菜庫で保存すれば、栄養、ビタミンはあまり失われません。
長期保存したいときは、みじん切りにして保存袋に入れ、冷凍庫で凍らせておけば、長持ちします。

※「創作料理事典」に「パセリ」を掲載


WEEF

Copyright (C)WINDOFWEEF All Rights Reserved. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system