トップページ > 図解|医食同源辞典

【ビ】




作成日:2016.08.18|更新日:

ビーフジャーキー

ジャーキー

 ジャーキー(jerky)とは肉を干した保存食料。南米の先住民の言語の一つであるケチュア語で、日干しにした食材全般を呼ぶ「チャルケ(charque)」または「チャルキ(charqui)」が元であり、英語の"jerky"はこれが変化したものである。ジャーキーにする食材としては、圧倒的に牛肉が多い。特に断りなく「ジャーキー」と言った場合、牛肉のジャーキー(ビーフ・ジャーキー : beef jerky)を指すことが多い。牛肉の他には、鮭・鶏のササミ・馬肉・豚肉、珍しいものではカンガルーやワニ、イノシシ、ネズミの肉などがある。

目的

上記にもあるが、保存目的であり、肉をそのまま干すのではなく、塩や香辛料などを塗布することによって腐敗を防いでいる。また、燻煙することも多い。燻煙されたジャーキーは、スモーク・ジャーキーと呼ばれる。燻製液に漬けた後にオーブンなどで乾燥させながら(蒸気を逃がしながら)焼いて作られることもある。日本製もしくは日本向けの製品では、風味づけに醤油を用いることもある。

食べ方

ジャーキーはそのままかじって味わうことが多いが、スープなどに入れる食材として用いることもある。適度な塩味のついたジャーキーはかなりの種類があり酒を飲むときのつまみとしても人気が高く、ファンも多い。また、ジャーキーは犬や猫の餌としても多く販売されている。ペット用のジャーキーの場合、塩や香辛料などの味はほとんどついていない。ペット用のビーフ・ジャーキーも販売されているが、コストが高くつくので鶏のジャーキーも多く売られている。アメリカ合衆国では 1960年頃から商品として広く普及している。ベトナム戦争の際に兵士の携帯食料として用いられて広まったと言われている。また、アメリカを訪れる日本人観光客の購入する定番お土産品のひとつであったが、現在ではお土産として日本国内に持ち込む事は不可能になっている。

BSE問題

2000年初頭より、BSE問題の為、アメリカ合衆国およびカナダで販売されているビーフジャーキーなどの牛肉加工食品は、日本国内に一切持ち込めなくなった。これは、2016年2月現在も持ち込むことは出来ない。

ビーフジャーキの作り方

クックパッドからのレシピ

全ての調味料は、測らず適当でも大丈夫!市販のものよりも柔らかく美味しくできる。

材料:4人分

牛肉赤身 900g 醤油 1カップ、砂糖 大3、唐辛子 2本、ベイリーフ 3枚、赤ワイン 大3、カレーパウダー 大1、ガーリックパウダー 適量、岩塩 適量、黒胡椒(粗め) 適量

作り方

@牛肉の塊をビーフジャーキー風の大きさにカット Aビニル袋の中に、調味料を全て投入。モミモミして冷蔵庫に24時間置く。Bスモーカーを使ってスモークしていく。Cスモーカーを使ってスモークしていく。C炭の上にウッドチップを乗せて、その上に水がはいったオケを設置するしくみになっている。薄い肉の場合、水はいれない。Dウッドチップはアップルを使っています。E 網の上にお肉を並べて蓋をしめる。いい感じに仕上がるまでスモークする。


自家製ビーフジャーキー



脚注および関連項目




WEEF

Copyright (C)WINDOFWEEF All Rights Reserved. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system