生活環境爽香空間アロマの効能と用途




アロマテラピー

 アロマテラピー(フランス語: aromatherapie)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。 また、お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも含めて呼ぶ場合も多い。 
 ところで、「アロマテラピー」とは、「aroma=芳香」「therapy=療法」の造語で、一般的に植物から抽出した精油を使用した自然療法を指します。アロマテラピーといえば「香りで心をリラックスさせる」だけでなく、健康や美容にも多くの効果や効能をもたらすと考えられています。また、自然治癒力を高める作用もあり、私たちの健康を維持、増進するのに、よい影響を与えてくれともいわれている。


・精油の体内での作用
・事故例
・アロマテラピーと法律との関係


語源

 アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語で、アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語である。これを英語で発音するとアロマセラピーとなる。 「アロマトテラピー」と「ト」が入る表記も、「芳香療法」を意味する単語として文法的語源的には正しい。


歴史

 芳香植物の利用は古代にさかのぼるが、アロマテラピーそのものが提唱されたのは20世紀に入ってからである。また日本への紹介は1980年代以降である。

芳香植物の利用

 人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきた。エジプトでミイラ作りに防腐効果のある乳香(フランキンセンス)や没薬(ミルラ)などの植物由来の香料が用いられていたのは有名な例である。芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきた。今でもそれらは、伝統医学や民間療法として受け継がれている。
 中世ヨーロッパでは、芳香植物の栽培と利用はもっぱら修道院の仕事であり、植物成分を水や植物油・アルコールに浸出して用いた。一方、イスラム圏ではアラビア医学が発達し、イブン・シーナー(980年頃-1037年頃)は蒸留による精油の製法を確立し医学に応用した。これはアロマテラピーの原型とも考えられている。このアラビア医学は十字軍の遠征などを契機に徐々に西欧にも伝わっていった。
 ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大した。19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようになった。

アロマテラピーの提唱

 20世紀初頭、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みが始まった。1920年代初頭、南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であった ルネ・モーリス・ガットフォセ(1881年-1950年)は実験中に手に火傷を負い、とっさに手近にあったラベンダー精油に手を浸したところ[1]傷の治りが目ざましく良かったことから、精油の医療方面での利用を研究し始めた。彼は1928年に研究の成果を学会で発表し、また『芳香療法(原題Aromatherapy)』という本を出版した。
 フランスの医学博士ジャン・バルネ(1920年- )は精油を使った医療を実践して功績をあげ、1964年に『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』を著し(1984年改訂版発行)、アロマテラピーの認知度を上げた。他方、ガットフォセの弟子であるマルグリット・モーリー(オーストリア生まれ、?-1963年)は、アロマテラピーを主に美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。
 このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

日本のアロマテラピー

 精油の蒸留法は江戸時代に伝わり蘭医学などで用いられていた。明治時代にはニホンハッカなどの精油を輸出していた時期もあったが、合成香料や海外の廉価品におされ、廃れてしまった。
 1970年代に、小学生やその親たちの間でポプリ(en)が流行し、ドライハーブへの関心が高まった。アロマテラピーが紹介されたのは1980年代で、はじめジャン・バルネやロバート・ティスランドらによる英仏の専門書が高山林太郎により邦訳され、やがて海外で技術を学んだ者たちが国内で実践を始めた。1990年代にエステブームなどに乗って広まったこともあり、日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いものであるが、近年では国内でも精油への科学的アプローチが進み、代替医療としてアロマテラピーに関心を寄せる医療関係者も増えている。2006年頃からバラの香りをかつてない程に再現した、本物のバラの精油よりも大幅に安価な合成香料が開発され、それを添加したガムやドロップが製品が流行し汗がバラの香りと言われて男女間で話題になり、「香り・アロマ」への関心が大衆の間でさらに高まる。

アロマテラピーのしくみ

 アロマテラピーの主役である精油が心身に働きかける経路は二つある。ひとつは嗅覚刺激、もうひとつは皮膚や粘膜を通して血流に乗り体内に入る経路である。しかし精油は数十から数百の揮発性有機物の混合物であり経口毒性があるなど、ひとつひとつの成分がどのように身体へ影響するのかを追跡するのは容易ではない。

精油の嗅覚刺激

 蒸散した精油の芳香成分は鼻で感知され、嗅覚刺激として大脳辺縁系に到達する(嗅覚の詳しいシステムについては嗅覚の項を参照)。ここで重要なのは、嗅覚をつかさどる部位が、脳の中でも本能的な部分である旧皮質に存在することである。脳は嗅覚刺激を受け取ると無意識のうちに情動を引き起こし、視床下部に影響を与える。視床下部は身体機能の調整を行う中枢であるため、匂いは本能的に身体諸器官の反応を引き起こす鍵となりうる。精油の香りによって得られる安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などにともなう情動が、心身のバランスを促すことが期待される。

精油が血流に乗る経路

 芳香成分が血流にいたるまでには様々なルートが考えられる。吸収された成分は、最終的にはほとんどが肝臓や腎臓で代謝され、尿とともに排泄される。
 吸収ルートは大別すると次の4つである。

ボディトリートメントなどによって、皮膚から真皮の毛細血管に至るルート。
呼吸により、鼻から喉・気管支・肺にとどく間に粘膜に吸着し、粘膜下の血管に入るルート。
呼吸により肺胞でのガス交換時に酸素とともに血流に乗るルート。
経口で口から小腸に至る消化管から吸収されるルート(坐剤として肛門や膣の粘膜から吸収させる例もある)。

 皮膚は多層構造になっており、皮膚に吸収された芳香物質の血管への到達は極めて緩慢である。呼吸器からの吸収はこれよりも早いが、空気中の芳香物質の濃度を考えれば吸収されるのは微量と思われる。皮膚や呼吸を通して吸収されるルートに比べ、消化管での吸収は非常に急激で多量である。消化管の粘膜に対する強い刺激が予想され、また異物である精油成分の血中濃度が急速に高まるため、代謝系に大きな負担がかかる恐れがある。強酸である胃酸による成分の変性の可能性も捨てきれない。このため、精油の経口もしくは坐剤による使用は、十分に知識のある医師の判断のもとで行われるべきである。


ページトップへ

精油の体内での作用

 精油の成分の構成や有効成分・毒性のレベルなどの解明は近年かなり進んできているが、個々の成分が体内で何を引き起こしているのかについては、分子生物学レベルの研究が待たれる。ここでは、伝統的な植物療法から推測される精油の働きについて述べるにとどめる。

生体組織への直接的な関与

 例:ローマン・カモミールの(筋肉などの)鎮痙作用、ローズマリーの血行促進作用、ラベンダーの止血作用、など

防御システムを助ける働き

 例:ティートリーの抗菌作用、フランキンセンスの免疫強化作用、ユーカリの去痰作用、など

代謝を助ける働き

 例:ジュニパーの利尿作用、グレープフルーツのリンパ系刺激作用、など

心身のバランスへの関与

 クラリセージのエストロゲン様作用、ペパーミントの三半規管の調整作用、ネロリの抗不安作用、など

 なおこれらの作用はそれぞれの精油の働きの一端に過ぎない。精油はそれぞれに様々な性格をもち、組み合わせることによりさらに多様な作用を見せる場合もある。また、経口毒性があるため、用法を誤ればかえって心身に害をもたらすので注意が必要である。

精油の皮膚への作用

収れん作用(アストリンゼント作用)

 例:イランイラン、サイプレス、サンダルウッド(白檀)、ジュニパー、フランキンセンス(乳香)、ローズオットー、ローズマリーなど

保湿作用(モイスチャー作用)

エリモント作用(皮膚をやわらかくする働き)

例:ベンゾイン(安息香)など

精油を使用するときの主な注意点

・絶対に原液を直接飲んだり、直接肌につけたりしてはいけない。飲用について、欧米では医師の指導のもとで服用する場合もあるが、黄色人種は白色人種よりも腸が長いため精油の影響を非常に強く受けてしまうため服用は危険であると言われている。ただし、ラベンダーとティートリーについては例外的に少量を皮膚につけても大丈夫とされることもある(日本アロマ環境協会においては、推奨されていない)。
・目、目のまわり、唇、その他粘膜質の部分には希釈したものでも使用してはいけない。
・体質や精油の成分によっては肌に強い刺激を受けたり、アレルギーを起こす場合があるため、肌に使用する際は使用前にパッチテストを行う。 3歳以下の乳幼児へは、芳香浴以外の使用、例えばマッサージ、お風呂用(沐浴)などの使用法は避ける。
・日光、温度、湿度、酸素などの影響を受けやすいため、遮光性のあるガラス瓶に保存する。保管場所は直射日光が当たらない冷暗所にする。
・精油の瓶が倒れていると精油の成分が瓶のふたを腐食させるおそれがあるため、精油の瓶は立てて保管する。
・プラスチックや家具の塗装、人工大理石を溶かす作用があるので注意する。
・小動物のいる部屋で精油を焚く場合は換気に注意する。
・引火性があるため火気に注意する。
・保存期間は柑橘系が約半年、それ以外が約1年となっており、この期間を目安に使い切るようにする。期間内であっても精油の色や香りに異変を感じたら使用を中止する。
・妊娠中の使用については医師に相談してから十分な注意を払い使用する。一部の精油には排卵・通経(月経を促進させる)作用があるため。ローマンカモミール(妊娠初期)、クラリセージ、サイプレス、シダーウッドアトラス、シダーウッドヴァージニア 、ジャスミン(妊娠中期〜後期まで。出産時には有効なオイルとされる)、ジュニパーベリー、ゼラニウム、マジョラム、ペパーミント、ラベンダー(妊娠初期)、レモングラス、ローズオットー(妊娠初期)、ローズマリー
・次の精油は刺激が強いため、敏感肌、アレルギー体質の人はごく少量から様子をみながら試して使う。
エレミ、カボス、カユプテ、月桃、グレープフルーツ、クミン、クローブ、クロモジ、シストローズ、シダーウッド、シトロネラ、シナモン*、シナモンリーフ、ジンジャー、杉、スペアミント、ゼラニウム、ライム、ティートリー、ディルシード、ナツメグ、ニアウリ、パイン、バジル、バルサム*、リナロール、薄荷、ヒバ、ベイ、ペパーミント、ベルガモット、マヌカ、柚子、アルバローズ、ダマスクローズ、ローズマリー、ローマンカモミール、ロベージ など。*の精油はしばしばアレルギーを引き起こすといわれる。
・次の精油を使用し、マッサージ等を行った場合、使用後少なくとも12時間の間は太陽光(紫外線)を浴びることを避ける。精油に含まれる成分(フロクマリン類:ベルガプテン、ベルガモテン、メキシクマリンなど)と紫外線が反応し、かゆみ・発赤・水疱・しみなどの色素沈着などの原因となる光毒性(光感作)があるため。アンジェリカルート、カボス、グレープフルーツ、クミン、タジェット、バーベナ、ベルガモット、柚子、ライム、レモン など


ページトップへ

事故例

 アロマテラピーを業務で行っていたエステティックサロン店で衣類やタオルが自然発火を起こす事故が続発し、問題となった。これは精油中に含まれる不飽和脂肪酸などが重合を起こしたり、酸化する熱が繊維の断熱性によって蓄積したり、乾燥機にかけて反応が加速し発火点に至ることが原因である。(→乾性油)。
   精油には経口毒性があり、飲むと最悪の場合死に至ることが報告されている。アロマテラピーにおいてはこのような危険性について認識していることが必要と考えられる。

アロマテラピーの方法

芳香浴 [

 皮膚や身体異常時、医師や薬剤師に要相談。香りを鼻から吸入して、神経に働きかける方法。

・直接吸入 - 精油を1〜2滴、ハンカチやティッシュペーパー、脱脂綿に含ませ、直接香りを嗅ぐ方法。
・蒸気吸入 - 熱湯を入れたティーカップや洗面器に、精油を1〜3滴ほど加え、立ち上る蒸気を吸入する方法。室内の加湿や空気の浄化も同時に行える。
・器具などを使う方法 - アロマポットや、アロマキャンドル。アロマデフューザーなどを利用し、部屋に香りを満たす方法。広い場所で利用するのに効果的。
・スプレーを使う方法 - 無水エタノール6ml→精油12滴→精製水24mlの順で加えて作った芳香スプレーで香り利用する方法。スプレーする度に良く振り乳化させる(良く混ぜる)こと。周囲の人に迷惑にならない限り、場所を選ばず、気軽に気分転換や目覚ましに利用でき、また防虫効果のある精油を使うことでアウトドアで虫除けとしても利用できる。

オイルマッサージ

 他人が医療行為として行う場合は医師免許が、マッサージとして行う場合はあん摩マッサージ指圧師資格が必要であるが、これら国家資格の範囲外(すなわち診断・治療行為に当たらないもの)として、一般にトリートメント等と呼ぶ。
 精油をほかのキャリアオイルで希釈して作ったマッサージオイル(トリートメントオイル)をつかい、身体をマッサージしながら皮膚を通して有効成分を身体に浸透させる方法。マッサージによる身体の接触による精神面の癒し効果も大きい。

内服

 フランス系のメディカルアロマテラピーでは医師の指導に基づき内服をすることがあるが、日本では原則的に内服は危険が大きいので決してしないこととされており、日本アロマ環境協会でもこの見解を採用している。日本では、内服を用途としているものは、医薬品の承認がない限り一切の人体の改善効果などをうたうことができない。

入浴(沐浴)

 皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談。湯船にぬるめの湯を張り、精油を5〜6滴落とす方法。精油は湯に溶けないため皮膜となって湯面に浮く。芳香浴と有効成分の皮膚からの吸収を同時に行える。半身浴の場合は使用する精油の量を半分にする。

手浴・足浴

 皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談。洗面器やバケツに全身浴よりは若干高めの温度の湯を張り、精油を2〜3滴落とし手や足を漬け温める方法。手浴・足浴であっても全身を温める効果があり、加えて芳香により気分転換とリラックスにも良い。

湿布

 皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談。皮膚などに原液を塗ることはしないこと。薄めた場合でも粘膜には付けないこと。洗面器に入れた、精油を入れたお湯(または水)にタオルを浸し、軽く絞ったタオルを皮膚に当て、有効成分を直接皮膚から吸収させる方法。マッサージが出来ない時などに有効。

基礎化粧品

皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談。精油の入ったハンドクリーム、ボディークリーム、リップクリームなど。

アロマテラピーと法律との関係

薬事法

 日本では、精油による人体の治療・改善効果をうたう場合には当該精油商品が医薬品の承認を得ている必要があり、承認がないものについては一切治療・改善効果などをうたうことができない。仮にこうした効果を標榜し広告・販売すれば、未承認医薬品の広告・販売として薬事法違反になる。
 また、入浴剤としての使用や皮膚への塗布による使用によって肌の保湿などをうたう場合や、基礎化粧品としての使用を意図している場合は、当該製品が化粧品として届出済みとなっている必要がある。

薬事法第四章第二十二条(製造業の許可)
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造業の許可を受けたものでなければ、それぞれ業として医薬品、医薬部外品、化粧品または医療用具の製造(小分けを含む)をしてはならない。

医師法

 医師以外の者が診断をし、治療をすることはできない。それに伴って上記薬事法にも関連するが精油をその効果をうたい薬のように使ってはならない。

医師法第一七条

医師でなければ、医業をしてはならない。

獣医師法

 飼育動物の診療行為にあたらない限りペットなどの動物へのアロマテラピーを行うことは違反行為にならない。

獣医師法第十七条(昭和24年法律第186号)

獣医師でなければ、飼育動物(牛、馬、めん羊、山羊、豚、犬、猫、鶏、うずらその他獣医師が行う必要があるものとして政令で定めるものに限る)の診療を業務としてはならない。

その他

製造物責任法(PL法)

 一般に個人が精油を使った石鹸などを業として(反復継続してもしくは亜反復継続する意図をもって)行う場合は、薬事法に抵触する。また、製造物について事故等が起こった場合、票として製造・譲渡等をした者の製造物責任が生じる。

消防法など

 精油は揮発性物質で引火性があるため、大量に保管する場合には「危険物の規制に関する政令」にかかることになる。

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律

 「医業類似行為を業とすることを禁止処罰するのも人の健康に害を及ぼす虞のある業務行為を限局する趣旨」という最高裁大法廷昭和35年1月27日判決の一部分を「人体に危害を与えず、保健衛生上何ら影響もあたえないような医業類似行為(アロママッサージなど)はサービス行為として認められる」と解釈する向きもあるが、同判決には「単に治療に使用する器具の物理的効果のみに着眼し、その有効無害であることを理由として、これを利用する医業類似の行為を業とすることを放置すべしとする見解には組し得ない」という解釈の記載があるので注意が必要である。そして最高裁判決は医業類似行為のみについて判断したものであり、無免許であん摩を業として行えば処罰対象になると厚生労働省は通知している(昭和三五年三月三〇日 医発第二四七号の一各都道府県知事あて厚生省医務局長通知)。また、厚生労働省ではあん摩マッサージ指圧の定義を「法第一条に規定するあん摩とは、人体についての病的状態の除去又は疲労の回復という生理的効果の実現を目的として行なわれ、かつ、その効果を生ずることが可能な、もむ、おす、たたく、摩擦するなどの行為の総称である。」(昭和三八年一月九日 医発第八号の二各都道府県知事あて厚生省医務局長通知)と回答しているため、今後も、あん摩マッサージ指圧師以外の者のアロママッサージなどの施術には、法的に慎重な判断が求められる。(→手技療法参照)



ページトップへ

アロマテラピーに使われる主な精油

 作用する効能については民間療法ベースに作られているため、科学的根拠がないものがほとんどである。中には毒性の強いものもあるため、直接皮膚などに使用する場合には注意が必要である。

注意点

 アロマテラピー療法は、日本の法律を順守し日本で一般的に推奨される精油の使用法を守っていれば事故などの危険性は殆ど無い。しかし医学的な治療効果も殆ど証明されていないので、アロマテラピーの薬効を信じ、通常医療で疾病を治療できる可能性を廃してまで全面的に頼るのは望ましくない。

参考文献

・『アロマテラピー検定テキスト(1級・2級)』 日本アロマ環境協会
・ロバート・ティスランド/トニー・バラシュ 『精油の安全性ガイド(上・下巻)』 フレグランスジャーナル社
・カート・シュナウベルト 『アドバンスト・アロマテラピー』 フレグランスジャーナル社
・スーザン・カーティス 『エッセンシャルオイルブック』 双葉社
・吉田隆子 『お部屋でできるアロマテラピー40』 同文書院
・ロジェ・ジァロア編 『フランスアロマテラピー大全』 高山林太郎訳 フレグランスジャーナル社
・GAIA(ガイア)・エッセンシャルオイル 株式会社GAIA NP Corporation
・生活の木・エッセンシャルオイルリスト パンフレット 株式会社生活の木
・オフィス楝 『最新版アロマテラピー検定試験合格のための問題集』 双葉社 ISBN 4-575-29902-2
・『セラピスト』(雑誌) BABジャパン
・「代替医療のトリック」サイモン・シン著 新潮社
・ランプベルジェ

関連項目

・ハーブ
・お香
・ホリスティック医学
・代替医療
・代替医療一覧
・伝統医学
・セラピー
・癒し

脚注

・佐々木薫 『最新版アロマテラピー図鑑』 主婦の友社、2009年、6頁。
・産経ニュース「 エステ店でマッサージオイルが発火




イランイラン

オレンジ

カモミール

クラリセージ

グレープフルーツ

ビャクダン

セイヨウネズ

ゼラニウム

ティーツリー

ネロリ

乳香

ペパーミント

ベルガモット

ユーカリ

ラベンダー

レモン

レモングラス

バラ

ローズマリー

Rene-Maurice Gattefosse

ベルガモット

ジャン・ヴァルネ

マルグリート・モリー

ミニボトル20本セット

WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system