トップページ 図解|生活百科事典 > 医療 >セルフメディケーション税制


【セ】


セルフメディケーション税制

作成日:2018.12.13|改訂日:

セルフメディケーション税制


ドラッグストアなどで購入した医薬品のレシート捨てていませんか?
捨てていたらもったいない!もしかしたらそのレシートで、税金が戻ってくるかもしれないんです!
去年から始まったものの、利用している人が少ない「セルフメディケーション税制」を紹介。どの薬が対象なのか?

高橋一生 保険のビュッフェ

「セルフメディケーション税制」のポイント

対象の薬を購入し、その1年間の合計購入金額が1万2,000円を超えると、超えた分の金額によって、所得税や住民税の一部が戻ってくる「セルフメディケーション税制」。 そのポイントは3つ!

    1. 対象になるのは約1,700種類(ことし12月現在)の医薬品。パッケージや値札の「税控除対象」というマークが目印です。
    2. 対象の医薬品を買った際のレシートを集めて、確定申告の際に申請します。
    3. 年収や家族構成等によって異なりますが、仮に年収500万円の家庭が約3万4,000円分の医薬品を購入した場合、所得税と住民税合わせて約6,600円が戻ってきます。
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について


ページトップへ


脚注及び関連項目

WEEF

Copyright (C)WINDOFWEEF All Rights Reserved. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system