防災設備とは

  防災設備とは、住んでいる人の命や、家財などを守るための設備のことをいいます。一般的には防災設備と言えば火災を対象にしている災害から守るための設備のことをいいます。防災設備は種類を分けると色々な種類に分けられます。消火設備、警報設備などがあり、消火器を置いたり、警報器を取り付けることが一般的です。他にも防災設備としては、避難設備もありますし、消防活動用設備などもあります。
 防災設備として一番一般的な消化器は、粉末のものもあれば、泡になっているものなどもあります。強化液消化器と呼ばれるものもあり、水消火器という別名も付いているのですが、効果的には粉末の消化器の方がいいと言われています。ガス消火器などもあります。防災設備の消化器と言ってもこのように、種類は色々とありますが、設置が義務付けられている場所もあります。
 マンションや大きな施設などで見かけるのが、屋内消火栓設備と呼ばれるものもあります。警報設備としては、一般的なものは、火災が発生したり、ガスが漏れていると、報知してくれるという防災設備です。このように防災設備と言っても、いろいろな種類があり、警報設備も火災感知器、非常警報などもあります。非常ベルと呼ばれるのは、火災報知機と呼ばれるタイプで、これは火やガスに反応するのではなくて、気がついた人が手動で押すというタイプになります。
 避難設備としては、誘導灯が一般的ですし、避難用のはしごや滑り台などもあります。
 ここでは、従来の防犯火災災害設備の範疇越えた、複合・広域・大規模災害、さらには、放射能汚染、感染病などの防災を考慮して設備を考えていければと思っております。
 このサイトでは、この課題にあわせ、個人レベル、住民レベルできる具体的でこんなものが必要だと考えられる防災設備を紹介します。

自然災害とは

 日本の法令上では「自然災害」は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されています。

防災・減災とは

防災とは災害を未然に防ぐための各種行為、施策、取り組みです。ここでは基礎知識を学びます。

環境災害とは

「環境災害」は、自然や社会災害に伴い生態系に大きな影響をもたらすようなインパクトと定義されます。.

複合災害とは

救出や復旧にかかわる人たちが被害二次災害と異なり、複数の性質の異なる災害が密接にかかわり発生する災害のことです。

地震災害とは

家庭では、(1)身の安全を守る (2)出口を確保する (3)火の始末する (4)余震に注意を心がけてください。.

津波災害とは

海岸・河川で揺れを感じたら避難、注意報をテレビなどで確認し、高台に移動し警報解除まで戻らないようにして下さい。.

地盤災害とは

地盤災害は、平野や埋立地のような平地において発生するものと、丘陵地や山地のような傾斜地で発生するものに分類できます.。.

土砂災害とは

土砂災害は、降雨、地震、火山噴火などで、斜面や河川の土砂、火山からの噴出物の移動が原因で生じる災害です。.

火事災害とは

家庭では、(1)早く知らせる (2)早く消火する (3)早く避難するの3つに心がけてください。.

干魃災害とは

具体的な指針はありませんが、地球温暖化による気象・気候変動に伴う干魃被害が予想されています。.

風水害とは

事前に窓、雨戸、側溝、非常持出し品などの点検、避難所、連絡先を確認して下さい。

火山災害とは

避難は市町村により避難勧告が発令されたときに行い、原則として徒歩で町内ごとに指定された避難所に移ります。



複合・大規模災害と防災設備

 3・11の東日本大震災では地震と津波だけでなく福島第一原発事故との複合・広域被災を経験しました。また11世紀前と同程度もしくはそれ以上の太平洋沖東海・南海地震発生の予測がなされて、地震・津波だけでなく火山噴火が懸念されています。
 このように最悪の事態を考慮して、干魃などの異常気象の誘発、それに伴う大規模な飢饉や疫病の発生も予測され、行政レベルの対応構築はいうに及ばず、わたしたち個々の不断なる防災に対する心構えと予防行動が大切になります。
   

放射能汚染災害とは

放射性遮断効果の高い建屋内に避難し、被曝線量基準にあわせて新定住地に移って、屋外では防塵のためのマスクと衣服を着用して下さい。.

感染症とは

(1)免疫力を保つ(2)予防接種を受ける (3)消毒・殺菌の励行(4)感染の疑いのある場合は隔離処置に心がけてください。.




ページトップへ
  • | トップ・ページ
  •  閲覧室受付
  •  閲覧予備室 
  • Copyright (C) SimpleTmpl008 All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system