507.2 工業所有権特許研究室

知的財産と特許法と工業所有権


知財戦略の進め

知的財産権(Intellectual Property Right)は、有体物に対して個別に認められる財産権とは異なり、無形のもの、特に思索による成果・業績を認め、その表現や技術などの功績と権益を保証するために与えられる財産権のことである。知的所有権とも呼ばれる。知的財産とは、知的財産権を含むより広い概念であり、その性質から、「知的創作物(産業上の創作・文化的な創作・生物資源における創作)」と「営業上の標識(商標・商号等の識別情報・イメージ等を含む商品形態)」および、「それ以外の営業上・技術上のノウハウなど、有用な情報」の三つに大別される。

  これに対して、特許法、発明をした者に特別の権利(特許権)を与える代わりに、発明を公開させることにより産業の発展を促進させる目的で各国で設けられる法律の総称であり、特許法の目的は、第1条に謳われているように、「産業の発達」である。この目的を達成するための手段として、発明の保護と利用を制度として定めることが、この法律の存在意義といえる。

  さらに、工業所有権とは、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの総称であり、知的財産権(あるいは無体財産権)の領域のひとつであり、主として企業活動に関するものを含む。現在では後記する理由から、産業財産権と呼ばれることが多い。



  昔にはなかった新しい発明や著作物がたくさんあり子ども時代には、インターネットや携帯電話はもちろん、パソコンなどの発明はなかった。また、の音楽や本、アニメーションなども、昔のものとはちがう新しいものがある。現代社会の生活は、いままでにない発明がつくり出されることで便利になり、さまざまな音楽や本などがあることによって楽しく豊かになって来た。知的財産は、ビジネスだけでなく、社会を豊かにするために大切である。
<   ところで、早く特許出願をするべき理由として、日本の特許制度では「先願主義」を採用していることが挙げられます。この「先願主義」とは、「複数の人が同じ発明をしたとしても、一番早く出願をした人のみが特許権を得られる制度」と解釈してください。この制度の下では、他者よりも早い段階でアイデアに思い至り,開発を進めていたとしても、他者の方が早く出願してしまった場合は、他者のみが特許権を取得できることになる。現実には特許庁に出願書類が提出された日を基準に「誰が一番早いのか」ということが判断になる。

  進歩性がないと判断された発明は,特許として認められない。いくら新規性も,従来の技術に基づいて当業者が容易に発明できるようなものであれば、出願しても拒絶されてしまう。通常の技術者が容易に思い付くような発明に特許権を付与することは,技術進歩に役立たないばかりか,かえってその妨げになるので、そのような発明を特許付与の対象から排除する。ちなみに,出願した発明が拒絶される理由としては、この「進歩性なし」が圧倒的多数を占める。

進歩性がある場合,ない場合

 

  それでは、どのような場合において「進歩性がある」または「進歩性がない」といえるだろうか。まず「進歩性がない」発明の例としては,

   ・単純な設計変更による発明
   ・公知の材料の中から最適な材料を選択したことによる発明
   ・公知の技術を単に寄せ集めた発明

  などが挙げられる。例えば、単に部品の配置を変えただけというもの、構造の強度を上げるために単純な補強材を設けたもの、似たような技術分野において普通に用いられている構成を単に転用したものは、進歩性がないと思われる。
  一方、予想を上回る有利な効果が得られる場合や,公知技術の組み合わせに加えて当業者が容易には思い付かないような一工夫がある場合は、進歩性が認められることがある。
  ただし,進歩性があるか否かは、基本的に"ケースバイケース"としかいいようがある。一言で「こういうものなら進歩性があります」と言い切るのは非常に困難。また,ある程度の実務的な経験がないと、進歩性の有無を判断するのは難しい。

判断できることよりも大切なのものは

  発明に進歩性があるかどうかを判断したり、進歩性を主張できるようなポイントを見つけたりするために、知財部や弁理士が出願業務をサポートされている場合が多い。発明者自身は進歩性がないだろうと思っていても、よくよく検討したら進歩性があったという事例は少なくない。しかし、発明者からの提案がなければ,そもそも進歩性を検討する機会すらなくなる。

「出願するほどのものではない」と考えていたら

  実際には前述通り、発明者自身も気づいていないようなところに、進歩性に関する意外なポイントが存在するということはよくあるといわれる。若手技術者には,三日三晩考え抜いた末に思い付いたアイデアや,上司や先輩があっと驚くような発明でなければ特許にならないなのでは、というイメージを持っている方もいるかもしれない。しかし,日々の試行錯誤の中で生まれた一見地味に思える発明でも、十分に進歩性を主張できる場合がある。逆に、これは絶対いけるだろうと考えていた発明でも、よくよく検討してみると進歩性を主張するのが難しい場合がある。このように、進歩性の有無は自分の主観だけでは判断が難しい。もちろん、会社によって事情が異なるので、自分の意思だけでは勝手に相談できない場合もある。また、誰が見ても明らかに単なる設計変更にすぎないようなものまですべて持っていってしまうと、さすがに知財部や弁理士も困る。とはいえ、新たな構造を開発したときには、まずは知財部や弁理士に相談してみようという気持ちが大切。  


わたしたちの知財戦略

登山かハイキングかいや開山

ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズ

 特許制度が整備されたなかでは知財戦略は組織戦となり、ゲームでいえば野球に例えるとわかりやすいだろう。特許出願するものにとっては三振もありホームランもある。そして、業界やタイミングで同じホームランでも満塁ホームランもあり得る。相手のミスでは四球、エラーで得点することも可能だ。ビル・ゲイツがIBMのOS開発を請け負い、MS-DOSからWindowsの開発が'敵失'による功を得た経緯などをみると知財戦略が大切であるかを物語っている。この様に、準備も十分整いさらに、登山条件があらかじめ明確にされた知財戦略を'登山型'と呼ぶことにしよう。
 また、特許手続きの費用も馬鹿にならず、手続きだけでも20万円程度かかるといわれ、大手では一桁上の200万円程度の経費をかけも有効な特許の案件を絞り込みして申請するとも言われる中、それを上回るような特許を取得することは、個人的には難しいと思われる。思われるが、決して大組織に負けない知財戦略となれば、この方法は採れないだろう。

  といって、主婦感覚つまりは、アマチュア的な特許や実用新案の取得での'新規性'を備えたビックな事例は少ない。これを'ハイキング型'と呼ぶことにする。これに対し私たちが考える知財戦略とは、これらのことを踏まえいかにビックな発明を実現るのかということになるが、これも登山に準えるとするならば、'開山型'となろうか。この戦略特徴は、装備も不十分な徒手空挙(としゅくうけん)で、想定敵というものが強く意識されていないし、'ゼロ・サム'思考も最初からない。いかに短時間に問題解決を完璧に行うための'深耕思考'を実行できるかということにある。そのためには持てる力を百l発揮できるかに腐心するといのがわたしたちの立ち位置だ。今後これを'WEEF思考'と呼ぶことにする。  




『目 録』

No.51〜100

No.ItemDate
51特開2006-046871|スタティック型水冷媒ヒートポンプ製氷システム2012/08/17
52特開2009-229386|和周波発生分光装置及びその分光方法2012/08/17
53特開2012-055061|分散形電源の運転状態検出方法、装置及びプログラム2012/08/18
54特開2008-178821|紫外線硬化ニスの紫外線照射装置およびその方法2012/08/21
55特集|最新ヒートポンプ技術2012/08/27
56特集|最新ヒートポンプ技術2012/08/27
57特集|最新ヒートポンプ技術2012/08/28
58特集|最新ヒートポンプ技術2012/08/27
59特集|回生ブレーキシステム2012/09/13
60特集|有機半導体ウエットプロセス2012/09/15
61特集|最新燃料電池システム2013/11/06
62特集|有機薄膜太陽電池の製造方法2012/09/24
63特集|視線入力装置2012/10/03
65特集|メタンハイドレート2012/10/10
66特集|パワー半導体モジュール製造方法2012/10/12
67特集|高性能太陽光発電デバイス・モジュール・システム2012/11/01
68特集|二酸化炭素分離・回収技術;2013/10/11
68_01事前評価報告書|二酸化炭素分離膜モジュール研究開発(抜粋)2012/11/01
69特集|中間バンド型量子ドット太陽電池2013.02.22
70特集|有機金属化学気相成長成膜装置2012/11/08
71特集|中性粒子ビームエッチング装置2013/10/03
72特集|高性能太陽光発電デバイス・モジュール・システム2012/11/10
73特集|有核果実の種抜き方法2012/11/13
74特集|(中間バンド型)量子ドット太陽電池2013/01/14
74_01特集|(中間バンド型)量子ドット太陽電池2013/01/14
74_02特集|(中間バンド型)量子ドット太陽電池2013/01/14
74_03特集|(中間バンド型)量子ドット太陽電池2013/01/14
75特集|ガリウムの回収方法2012/11/26
76特開2012-235071|太陽電池 シャープ株式会社2012/12/10
78特集|量子ドット太陽電池 シャープ2012/12/11
79特開2012-239309|電力変換装置 三菱電機株式会社 2012/12/12
80特集|自律型メガフロートシステム2013/01/14
81実登3177022|蓄熱材利用湯たんぽ2012/12/17
82特開2012-244108|太陽電池シャープ2012/12/18
83特集|グリーンフェライト2012/12/19
84特開2010-100815|バイオコークス2012/12/21
85特集|太陽光パネルの火山灰対策2012/12/26
86特集|量子ドット発光装置の製造 北海道大学 石橋 晃2012/12/30
87特集|オールソーラーシステム 環境工学研究所 WEEF2013/10/24
88特集|波力発電の実力2013/01/02
89特集|透明アモルファス酸化物半導体2013/01/08
90特集|透明アモルファス酸化物半導体2013/01/08
91特集|宇宙太陽光発電2013/01/09
92特開2012-118054|セルテレメトリーのためのサンプルホールドアンプ2013/01/18
93特集|ナノセルロース2013/01/21
94特開2012-009148|積層型透明導電性フィルム2013/01/21
95悪性腫瘍とは2013/01/25
96特集|フレキシブルなカーボンナノチューブ透明導電フィルム2013/01/28
97魚類用飼料2013/01/29
98シルクパウダー2013/01/29
99特集|緑茶カテキン2013/02/02
100ハンディ燃料電池システム2013/02/02




脚注及び関連項目


1.「審査基準 第U部 第2章 新規性・進歩性」(pp.12-22)
2.「Fタームテーマコード一般情報



WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system