ソフトウェア

情報科学は日本語では多義的に用いられている。
 欧米の「Information Science」の訳語としての使用である。日本語では情報学とされることも多いようである。情報の収集、分類、操作、蓄積、復旧、配布 等にかかわる学際的な科学のことである。情報科学は、組織体における情報の適用・活用、あるいは情報システムと人々・組織との相互作用についての研究である。コンピュータ・サイエンス、情報工学、認知科学、各種社会科学などと部分的に重なっている。情報科学は、情報技術を実際に利用している者の視点から見た様々な問題を扱う。まず技術ありき、のアプローチではなく、まず問題(解決)に着眼するアプローチである。情報科学においては近年、人間-コンピュータ間の相互作用や、グループウェア、セマンティック・ウェブ、人々が情報を生成・使用・発見する方法について着目している。
 この意味での情報科学は情報理論、図書館情報学とは異なるとされる。 元々学際分野だけに、周辺の学際分野の名称との混同・混乱・線引きの変化などが見られる。また、諸言語間で翻訳される時にも混乱が起きている。 例えば、米国の図書館学の研究者が自らの研究を"Information Science"の名称で呼び始めたときには、コンピュータ・サイエンスの研究者は自分らの研究を図書館学と区別するために"Informatics"という用語を作り出すことになったことなどがある。

図書館情報学

 図書館情報学(Library and Information Science、略称: LIS) は、あらゆる「情報」の生成、蓄積、利用に関する諸問題を扱う学問である。

情報理論

情報理論( Information theory)は、情報・通信を数学的に論じる学問である。応用数学の中でもデータの定量化に関する分野であり、可能な限り多くのデータを媒体に格納したり通信路で送ったりすることを目的としている。情報エントロピーとして知られるデータの尺度は、データの格納や通信に必要とされる平均ビット数で表現される。例えば、日々の天気が3ビットのエントロピーで表されるなら、十分な日数の観測を経て、日々の天気を表現するには「平均で」約3ビット/日(各ビットの値は 0 か 1)と言うことができる。
 情報理論の基本的な応用としては、ZIP形式(可逆圧縮)、MP3(非可逆圧縮)、DSL(伝送路符号化)などがある。この分野は、数学、統計学、計算機科学、物理学、神経科学、電子工学などの交差する学際領域でもある。その影響は、ボイジャー計画の深宇宙探査の成功、CDの発明、携帯電話の実現、インターネットの開発、言語学や人間の知覚の研究、ブラックホールの理解など様々な事象に及んでいる。

情報学

 情報学(information studies, informatics)とは「情報」をどのように扱うかについてを考究する学問のことである。現代の急速な情報化社会の進展に伴って現れた分野のため、はっきりとした範囲は定まっていないものの、情報が対象に含まれる諸研究や知見などを総称して「情報学」と呼称されている。
 歴史的には、伝統的な図書館学に、文献情報の管理・検索に関する学問領域を取り入れた図書館情報学 (library and information science) を指すことが多かった。現在では、情報工学を含め、さまざまな学問が交差する学際的な分野として理解されている。情報学というと情報工学をはじめとする自然科学的な分野と見なされがちだが、本来の意味からしても、社会科学や人文科学も包有する分野だと言える。近年は、学際的な側面が強調され総合科学としても認知されている。

情報学の分野

 情報学にはさまざまな分野があるが、情報の意味をどのようにとらえるかによって、大きく3つの分野に分類できる。主に情報の意味を問題にせず、純粋に情報量の概念が適用できる「情報」を扱う情報工学に対し、情報工学的な情報を扱いながらも、それが実際の場面で持つ何らかの意味を問題にする応用情報学、さらに、基本的に情報の意味そのものを問題にする社会情報学がある。ただし、これはあくまで大まかな分類であり、実際にはこの中間に位置する分野もある。また、これらとは別に、情報と意味の関係を基礎づける基礎情報学と呼ばれる学問領域もある。

社会情報学

・社会情報学
  ・メディア論
  ・コミュニケーション論
・マスコミュニケーション学
・新聞学
・広報学
・文化情報学
情報社会学
情報経済学
・人間情報学
・情報人類学

関連分野

情報倫理学



掲載年月日表 題
2011.11.15JavaScript 入門
2011.11.15コンピュータ言語
2011.11.15プログラミング言語
2011.11.20実用コンピュータ言語入門
2014.09.09情報演習 (新)JavaScriptワークブック - ステップ30


5分で絶対に分かるシステム開発

ページトップへ

WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system