「実用コンピュータ言語入門」にようこそ。

コンピュータ言語とは

コンピュータ言語とは、コンピュータ技術で用いられる人工言語の総称で、形式言語です(親しみやすさなどの目的で、自然言語風にデザインされることもあります)。プログラムを記述するためのプログラミング言語の一群が最も有名で、そのため「コンピュータ言語」と「プログラミング言語」は同じ意味でつかわれることもありますが、コンピュータ言語としては他にもハードウェア記述言語やマークアップ言語のようなデータ記述言語などがあり、これらは「プログラミング言語」ではありませんが、ここでは、双方を対象として取り扱います。

コンピュータ言語の種類

ソフトウェアの動作を記述する言語

プログラミング言語は、機械に対して情報の操作/編成や周辺機器の制御を命令するのために使います。ソフトウェアをプログラミング言語で書くことをプログラミングと呼びます。プログラミング言語は、C、C++、Java、COBOL, FORTRAN, BASIC、アセンブリ言語などがあり、プログラミング言語は世代で分類されることがあります。

スクリプト言語は、他のソフトウェアを制御するのに使われるプログラミング言語で、複数のアプリケーションソフトウェアの動作を協調させるのにも使われます。一般のプログラミング言語との違いは、何らかのアプリケーションに依存していたり、機能が限定的で使い易く、コンパイラではなくインタプリタで実行される点です。実際、スクリプト言語として生まれた言語が完全なプログラミング言語へと成長した例もあり(PHP)、完全なプログラミング言語がアプリケーションに埋め込まれるようになった例もあります(Java)。典型的なスクリプト言語としては Perl や JavaScript があります。

多くのプログラミング言語はテキストのソースコードでプログラムが記述されますが、ビジュアルプログラミング言語はプログラム要素を視覚的に表現し操作することでプログラムを構築されます。
コンピュータが実際に実行する命令は機械語で現されています。これは一般に人間が読めないバイナリ形式のコンピュータ言語で、CPUの命令セットに対応しています。高級言語のソースコードはコンパイラによって機械語に変換されます。プログラミング言語によってはバイトコードのようにコンピュータ・アーキテクチャと独立した移植性の高い中間言語を使う場合があります。そのようなシステムでは、バイトコードから機械語へ変換するコンパイラもありますが、バイトコードを仮想機械ないしバイトコードインタプリタで実行します。よく知られている例としてJavaがあります。

プログラミング言語とは

プログラミング言語とは、コンピュータに対する一連の動作の指示を記述するための人工言語の総称です。この一連の指示をプログラムと呼び、それを記述することをプログラミングと呼び、自然言語と同様、構文規則(言語学で言う統語論の規則)と意味規則(同じく意味論の規則)で定義されています。形式的ないし非形式的(自然言語による)な仕様が(構文規則は形式的で、意味規則はそうでない、というものが多い)実装とは独立した文書で示される言語もあれば、実装という形でのみの言語もあります。

JavaScript

DynamicHTML

付録

Copyright(C)WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system