トップページ > JavaScript 入門 > ナビゲートオブジェト

ナビゲートオブジェト

ナビゲータオブジェクトとは

 ナビゲータオブジェクトは、JavaScriptで取り扱えるように、ブラウザが持っている情報や機能、ブラウザに表示されるドキュメント、画像、フォー ムなどをオブジェクト化したものです。

 JavaScriptl1.5 では、ナビゲータオブジェクトが定義されていません.これは、JavaScript1.5がナビゲータオブジェクトをサポートしなくなったという ことではなく、.JavaScript1.5をサポートしたNetscape 6.X がDOMを採用したことによります。それまでナビゲータオブジェクトで定義していたオブジェ クトが、そのままDOMのオブジェクトで定義され、特にナビゲータオブジェクトで定義する必要がなくなったのです。 DOMの採用によって、今までJavaScriptのナビゲータオブジェクトではサポートされていなかった多くのHTMLのタグや、スタイルシートのプロパティなど、ブラウザ上のあらゆる要素がオブジェクト化されました。もちろん、それまでのナビゲータオブジェクトで定義されていたオブジェクトも含めて、それらのすべてをJavaScript を使って操作できるようになっています.詳しくは、DynamicHTMLパートを参照してください。

ウィンドウのサイズを固定する


警告用のダイアログボックスを開く


確認ボタン付きのダイアログボックスを開く



入力欄付きのダイアログボックスを開く



新しいウィンドウを開く




ウィンドウを閉じる



ページトップへ戻る

JavaScript

DynamicHTML

付録

Copyright(C)WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system