トップページ > JavaScript 入門 > ビルトインオブジェクト

ビルトインオブジェクト

ビルトインオブジェクトとは

 ブラウザが本来持っている情報や機能をオブジェクト化したナビゲータオブジェクトに対し、JavaScriptが独自に組み込んだオブジェクトをビルトインオブジェクトといいます。
 ビルトインオブジェクトは、ヨーロッパの標準化機関であるECMAがJavaScriptを元に定めた、ECMAScriptと互換をとるという流れで規格化が進んでいます。 JavaScriptl.5はヽECMA-262の3版と互換がとられています。

 

Number オブジェクト

数値を作成する


使用可能な数値の範囲を調べる


その他

 ここでは、前半で複数のオブジェクトが対応しているプロパティとメソッドについて解説します。
 後半では、ビルトイン関数というJavaScriptにあらかじめ組み込まれている関数を使います。ビルトイン関数は、オブジェクトに依存することなく、スクリプト内のどこからでも使用することができます。

複数のオブジェクトで使用できるプロパティ・メソッド

オブジェクト(配列)の数を取得する


オブジェクトに名前を付ける


新たにプロパティを作成する


ブジェクトを文字列に変える


n級数に変換する



ページトップへ戻る

JavaScript

DynamicHTML

付録

Copyright(C)WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system