The future will be better tomorrow.




科学技術史

  科学史は、自然科学の歴史的経過、あるいは、それを研究する学問分野である。一般に科学史といえば科学者個人の伝記的研究や、新しい理論の発見の歴史ととらえられがちであるが、研究の実際ではその時代の文化や政治、社会との関連も考察される。学説の内容に対象をしぼった研究もある。また、技術史とも深く関わる。他の歴史学の専門的研究がそうであるように研究対象に関する知識を必要とするため、科学史の場合は自然科学系の学者によって研究されることが多い。
  科学史が学問として成立したのは比較的遅く、アメリカ合衆国で科学史専門論文誌ISISが発刊された1912年ごろがその成立と考えられる。これ以前にも、天文学史や医学史などはこれより先に研究が進んでいたが、科学全体を体系化して学問の対象とすることが行われはじめたのはほぼこの時代と考えられる。初期の研究で比較的重要なものには、フリードリヒ・ダンネマンの『大自然科学史』(1913年)がある。
1930年代には国際会議などが開催されたこともあり、科学史の研究が大きく進められた。ジョージ・サートンの『科学史と新ヒューマニズム』やロバート・キング・マートンの『十七世紀イングランドにおける科学・技術・社会』、ボリス・ゲッセンの『ニュートン力学の形成』、ジョン・デスモンド・バナールの『科学の社会的機能』などはこの時期に著された科学史研究の代表的著作であるといえる。
戦後、ハーバード・バターフィールドなどにより科学革命などの定義が行われ、研究も活発になった。1960年代以降は、原子爆弾など、科学がもたらしたものの是非に対する議論がさかんに行われるようになり、これらの議論にも科学史は必要不可欠なものとなった。このような科学の是非に対する議論を科学論という。日本では、科学史家は科学論も研究していることが多い。





科学論の対象領域の定義に関わる考察 --- 広義の科学論と狭義の科学論(佐野正博明治大学経営学部教授)
「科学史や科学社会学などが解明した科学に関する経験的事実を基礎に、科学を理論的に研究する活動」としての科学論

  「理論」的
研究
「経験」的
研究
「科学」的
研究
科学論 科学史、科学社会学
STS、科学思想史
「哲学」的
研究
科学哲学
哲学的科学方法論
(科学哲学の歴史)
(哲学的科学方法論の歴史)



科学史・技術史関係Webサイトの紹介
  WWWで見る科学技術の歴史

【科学史・技術史関係Webサイト一覧】

  科学史・技術史関係Webサイト(国内編)
  科学史・技術史関係Webサイト(海外編)
  科学史・技術史関係Webサイトリンク集(海外編)
  天文学・天文学史関係Webサイトリンク集



デジタル革命


浜野保樹著の『マルチメディア マインド』を元にデジタル革命の本質と展望を考察する。

日本の技術史












WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system