建築設備とは



  建築設備を大きく分けると、空気調和設備と給排水衛生設備とに分けられます。空気調和設備(空調設備)は、住宅やビルといった室内の快適な空気環境や、工場のような生産施設でのクリーンな環境を創り出す設備のことをいいます。人間に対して居心地が良く、品物に対しては最も適した空気状態を機械的に調整し、快適な生活、空気環境を支えています。給排水衛生設備は、建物中で「水」を使って衛生的で快適な生活をおくるための設備です。住宅では、水道や台所施設、お風呂、トイレ、排水管などが給排水衛生設備にあたります。蛇口を開けば水やお湯がいつも出て、トイレやその他の排水は下水道へ流れていく、近年はあたりまえとなっている設備ですが、日々の生活に重要な役割を担っています。

  建築設備を大きく分けると、空気調和設備と給排水衛生設備とに分けられます。空気調和設備(空調設備)は、住宅やビルといった室内の快適な空気環境や、工場のような生産施設でのクリーンな環境を創り出す設備のことをいいます。人間に対して居心地が良く、品物に対しては最も適した空気状態を機械的に調整し、快適な生活、空気環境を支えています。給排水衛生設備は、建物中で「水」を使って衛生的で快適な生活をおくるための設備です。住宅では、水道や台所施設、お風呂、トイレ、排水管などが給排水衛生設備にあたります。蛇口を開けば水やお湯がいつも出て、トイレやその他の排水は下水道へ流れていく、近年はあたりまえとなっている設備ですが、日々の生活に重要な役割を担っています。

熱源設備

 熱源設備とは、ひとまとまりの市街地(街区)・ビルディングなどの建築物・自動車・鉄道車両・船舶に熱を供給する設備をいう。



エネルギー設備とは

 1960年代までは石炭、1970年代より重油などの石油類、1980年代からは大気汚染防止などの観点から都市ガス・電気が用いられるようになった。超高層ビルでは都市ガスや電気(又はこれらの併用)が用いられることが多い。
自動車や気動車ではエンジンの排熱やエンジン駆動の冷凍機、電車では電熱や電動機駆動の冷凍機、船舶ではエンジンの排熱利用のボイラーやエンジン駆動発電機で発電し電動機駆動の冷凍機を使用する場合が多い。

建築電気設備

 建築電気設備の目的は、建物居住者または利用者が、便利で安全に建物を利用するためにあります。建築は空間だけでは成り立たず、給排水、空調換気、電気が適切に設置されることが必要。建築物を人体に置き換え、建物は骨格であり、建築設備は身体を動かすための内臓や血管であると、例えられることがあり、それほどに設備は重要であり、建物の大きなウエイトを占める。
 照明がない、空調や換気がないような建物では、居住者や利用者は著しく不便な生活を強いられるばかりか、汚れた空気による体調の悪化、火災発生の恐れなどと隣り合わせになります。利便性の向上を追求し、かつ安全性の高い建物を創るために、建築設備の適切な設計が求められる。  また、利便性や安全性を追求するには大きなコスト、投資が必要です。やみくもに高級な設備を導入するのは、設備のムダとなり、設置コストばかりが大きくなり不経済です。予算の許容する範囲内で、最善の設計を行うための資料や事例を収集し、企画設計から解体リサイクルまでのライフサイクルコストを判断する技術力が必要とされる。
 以上のように、ここではエネルギー設備として照明機器などの電気設備も含める。



熱源の種類と特徴



再生可能エネルギー




WEEF

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system