We will make electricity so cheap that only the rich will burn candles..

スマートグリッドとはなにか

 ICT(情報通信技術)を利用して発電・送電・配電・電力利用をインテリジェント化するスマートグリッドは、エネルギーの効率利用の観点から大きな注目を集めている。
米国では、オバマ政権が掲げる「グリーン・ニューディール」政策の一環として推進されているもので、その実現に向けて電力会社のみならず、電機、IT関連等、幅広い技術の融合が必要であり、広い産業分野において新しいビジネスを創出すると期待されている。 
 スマートグリッドの使命はそれだけに留まらない。下図は米国電力中央研究所のスマートグリッドの概念図である。ここには、太陽光発電や風力発電といった、電力消費地で発電される電力システムが描かれている。つまり、スマートグリッドは、単に電力供給を安定的に行うだけでなく、家庭やオフィス、工場といった、これまで電力を消費していた場所に、クリーンな自家発電の仕組みをも導入し、従来のように大型発電所だけに頼らず、地域で必要な電力を消費地で生産できるという仕組みも備えていることが特徴だ。



図解入門 よくわかる最新スマートグリッドの基本と仕組み

 産業構造に変革をもたらす電力網と情報技術の融合「スマートグリッド」を図解でわかりやすく解説した入門書。スマートグリッドの導入は、電力事業者、電気の消費者双方に大きなメリットをもたらすだけでなく、地球環境、エネルギー安全保障など世界的かつ長期的な問題解決にも貢献する大規模プロジェクト。本書では、スマートグリッドの利点とそれを実現する技術、各国の取り組み、日本における今後の展望までをわかりやすくビジュアルに解説します。エネルギー産業の現状と課題、未来がよくわかる!




※ 下記の図書目録の変色部をクリックすると閲覧表示できます!

目  次

第1章 スマートグリッドとは
1-1 スマートグリッドを短く説明すると
1-2 注目されたきっかけ
1-3 各国のスマートグリッド
1-4 電力供給制御のデジタル化
1-5 再生可能エネルギーの導入
1-6 電力消費の抑制と効率化
1-7 スマートメーターの全戸取付
1-8 送配電系統の信頼性、柔軟性の向上
1-9 長距離高圧送電線の拡充
1-10 広域で発・送・配電を制御
1-11 分散型発電の普及促進
1-12 分散型発電が不安定な太陽、風力発電を補佐
1-13 高度情報通信技術が支えるスマートグリッド
1-14 情報通信システムの標準化
1-15 情報のセキュリティー
コラム 同じ商品を扱う地球規模の流通システム

第2章 スマートメーター
2-1 今までの電気メーター
2-2 検針は毎月正確に
2-3 伝統的電気メーターでできないこと
2-4 スマートメーターによる測定
2-5 電力消費データの保存
2-6 消費者に電気の消費状況を知らせる
2-7 電力供給事業者にデータを送る
2-8 電気だけではないスマートメーター
2-9 遠隔自動検針が可能になる
2-10 停電の範囲がわかる
2-11 供給停止、再開が遠隔からできる
2-12 盗電を発見しやすくなる
2-13 電力のピーク需要抑制
2-14 消費者のメリット
2-15 新しい通信インフラに
コラム 外見は同じでも中身は違う

第3章 発電・送配電の歴史
3-1 電力事業の始まり
3-2 直流から交流高圧送電への切り替わり
3-3 集中型大規模発電所が標準となる
3-4 伝統的電気の流れ方
3-5 送配電系統の構造
3-6 オイルショックとエネルギー効率化推進
3-7 分散型発電の登場
3-8 電気の流れ方が変わる
3-9 交流から直流へ
コラム 電気の商品価値は何か

第4章 分散型エネルギーとスマートグリッド
4-1 分散型エネルギーの定義
4-2 エネルギー利用効率化の重要性
4-3 風力発電の出力変動
4-4 風力出力変動と送配電系統
4-5 太陽光発電の出力変動
4-6 太陽光発電と送配電系統
4-7 太陽熱発電
4-8 蓄電池の果たす役割
4-9 電気自動車とプラグインハイブリッド自動車

4-10 分散型エネルギーの組み合わせ
コラム 分散型エネルギーを継子扱いしないで




第5章 北米の電力供給構造とスマートグリッド
5-1 連邦政府と州政府の役割分担
5-2 電力事業の自由化
5-3 発電、送電、配電、電力供給の分離
5-4 脆弱な電力供給システム
5-5 電力供給事業者に効率化実行義務
5-6 多くの州で高い再生可能エネルギー導入目標設定
5-7 時差がある広い地域
5-8 自動車の国
コラム 米国のスマートグリッド展開

第6章 欧州の電力供給構造とスマートグリッド
6-1 各国の送電網がつながっていて電力を輸出入
6-2 大量の自然エネルギー導入
6-3 欧州エネルギー安全保障
6-4 高圧直流送電網の必然性
6-5 EUのスマートメーター
コラム 地球温暖化対応が欧州の電力事業の今後を左右する

第7章 欧州の電力供給構造とスマートグリッド
7-1 10電力会社の存在
7-2 東西で電気の周波数が違う
7-3 世界一の安定性をもつ日本の送配電系統
7-4 相互の連系容量が小さい
7-5 発電設備の構成と自然エネルギー
7-6 日本全体の発電設備構成
7-7 スマートメーターの導入
7-8 太陽光発電導入とスマートメーター
コラム 日本の電力事業は孤高を保つか

第8章 新興国などのスマートグリッド
8-1 中国の長距離高圧送電大規模導入
8-2 中国と自然エネルギー導入
8-3 インドが中国を追いかける
8-4 シンガポールのスマートグリッド
8-5 韓国のスマートグリッド
8-6 その他諸国とスマートグリッド
コラム スマートグリッドは世界を巡る

第9章 日本へのスマートグリッド導入に向けて
9-1 現行電力供給システムを維持する
9-2 現在の電力供給システムの効率化に力を入れてもらう
9-3 変動する自然エネルギーを受け入れる別系統
9-4 高圧直流送電とスマートグリッド
9-5 高圧直流送電と直流ハウス
9-6 アジアの電力供給網との連系
コラム 日本もスマートグリッド導入を急ぐべし

第10章 10年後のスマートグリッド
10-1 モニターの活躍
10-2 電気自動車
10-3 自然エネルギーの優先購入
10-4 電気が長距離輸送される
コラム スマートグリッドのある社会を垣間見る




WEEF

Copyright (C) SimpleTmpl008 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system