絶え間なく降り注ぐ太陽エネルギーが『贈与経済』の源


アテンを崇拝するファラオアメンホテプ4世と彼の家族

 古代より世界各地で太陽は崇められ、崇拝と伝承は信仰を形成してきましたが、太陽崇拝は、単一神教から始まり唯一神教に終わるとされています。そして、唯一神教は、アブラハムの宗教と呼ばれる一神教であるユダヤ教とそれを起源とするキリスト教、イスラム教などとして発展してきました。そのユダヤ教も、古代エジプトで紀元前14世紀に成立したアテン信仰の影響強く受けたと言われています。
 さて、太陽のエネルギーは熱核融合反応により、水素がヘリウムに変換され、1秒当たりでは約 3.6 ×1038個の陽子(水素原子核)がヘリウム原子核に変化し、1秒間に430万トンの質量が 3.8×1026 J(ジュール)のエネルギー(TNT火薬換算で 9.1×1016トンに相当する)に変換されます。
 また、太陽光として太陽から放出された光は、地球軌道付近で約1.37kW/m2(太陽定数)のエネルギーを持ち、これが地球軌道上の人工衛星が受光できるエネルギーとなり、光子の数にして1平方メートル・秒あたり 6×1021個(10垓個)以上になり、太陽で爆発が起きると、太陽風で大きな影響を受けるエックス線は殆どが大気で遮断され、有害な紫外線も成層圏のオゾン層で90%以上がカット、可視光線、赤外光も、大気圏中での反射・散乱・吸収などにより平均4割強が減衰し地上に到達し、大気を通過する距離が変わるため、地上の各地点で受光できるエネルギー密度は緯度や季節、時刻に従って変化し、日本付近では最大約 1kW/m2のエネルギーとなり降り注がれます。
                                

地下化石燃料は太陽エネルギーの缶詰

多彩なセジメントトラップ。

 地球に到達した太陽光線の1時間あたりの総エネルギー量は20世紀後半の世界の1年間で消費されるエネルギーに匹敵し、そのエネルギーの地上での内訳は、 地上で熱に変わってしまうエネルギーは約45%です。海中に蓄えられるエネルギーは20数% 風や波を動かす原動力へ変わるエネルギーは0.2% 程度 光合成に使われるエネルギーは0.02% 程度 宇宙へ反射してしまうエネルギーは30%程度。 最終的には、可視光や赤外線などの電磁波として宇宙へ再放射されています。この太陽エネルギーを利用して化石燃料が、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた有機物の化石のうち、人間の経済活動で燃料として用いられています。
 地球が誕生した頃の大気は主に窒素・水蒸気・二酸化炭素・硫黄酸化物(火山ガス)などで形成され、二酸化炭素は、今より遙かに高濃度であったと推定されています。まずは、光合成を行うことのできる植物プランクトンsuncycle(または硫黄酸化物を吸収する嫌気性生物)のような生物が海中で誕生し、光合成によって太陽エネルギーを利用して大気中の二酸化炭素を吸収・分解(または硫黄酸化物を吸収)、そのうち炭素(硫黄)成分を体内に吸収し、酸素を排出する。すると、今度は酸素を消費し、植物プランクトンを捕食する動物プランクトンのような生物が誕生。
 この小さな原始生物達の生命活動の循環が積み重ねられることで、約 8億年前には現代と、ほぼ 同程度の酸素濃度(約23%)になり、この高濃度の酸素が後にオゾン層を形成し、動植物が地上へ進出することが可能になったと考えられています。 また、太古の地球は現在より遙かに気温が高く、二酸化炭素などの減少により気温が概ね15℃程度まで低下、大気の循環も相まって冷やされ、現在の姿になったとされます。それらの動植物性プランクトンは、一生を終えると海中深くへ沈み、 それが堆積・重合し、加圧される等の変遷を経て、地層を形成し、石油となった。また、その後に陸上に海上油田採掘基地の夕暮れ進出した樹木などの生物の死骸が同様の理由で、堆積・加圧等されて形成されたものが石炭である。言い換えれば、かつて大気中に存在していた炭酸ガス、その他の人体にとって有害な成分と太陽エネルギーが、生物の働きによって長大な時間をかけて固定され、地中深くに封じ込められた太陽エネルギーの缶詰だといえるでしょう。


人類のエネルギー消費は太陽エネルギーの僅か1万分の1

ゴビ砂漠

 もっとも、石油は現在の学説の主流ので、百万年以上の長期間にわたり厚い土砂の堆積層に埋没した生物遺骸が、高温と高圧によって油母という物質に変わり、液体やガスの炭化水素へと変化し岩盤内の隙間を移動、貯留層と呼ばれる多孔質岩石に捕捉されて、油田を形成するという石炭とともに化石燃料とも呼ばれる「有機由来説」が現在の主流です。
これ以外にも、天文物理学者トーマス・ゴールドが唱える「惑星が誕生する際の大量の炭化水素が惑星内部の高圧・高熱を受けて変質することで石油が生まれる」という無機由来説があります。これは、一度涸れた油田も、しばらく放置すると再び原油産出が可能になることで説明できますが、超深度さえ掘削できれば、世界中どこでも石油を採掘できる可能だとされています。掘削技術整えば膨大な量の石油が消費されても、石油が枯渇する危険性はほぼ皆無で、ベトナム沖、メキシコ湾岸油田のユウジン・アイランドの化石燃料では考えられない深さの超深度油田から原油がみつかっています。
 もう一つは、世界的にも稀な軽質油を産出する静岡県の相良油田では、有機由来説とも無機由来説とも異なる第三の説が唱えられています。1993年、京都大学大学院の今中忠行(現在:立命館大学生命科学部)は、研究室内の「無酸素実験装置」において、相良油田から採取した石油分解菌が、通常状態では石油を分解する能力を持ちながら、石油も酸素もない環境におかれると、細胞内に逆に原油を作り出すことを発見した石油分解菌。この際生成された石油は相良油田産の軽質油と性質が酷似しており、相良油田が形成された一因として唱えられているほか、今中忠行らはこの石油分解菌がメタンハイドレートに関係していると指摘した。この研究が進めば、将来的には石油醸造プラントでの有機的な石油の生成が可能になるとも言われている石油分解菌説です。
 人類が地上でエネルギー源として実際に利用可能な量は約1PW(ペタワット:1015)といわれていますが、これは現在の人類のエネルギー消費量の約50倍で、ソーラパネルに換算するとゴビ砂漠の半分に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量に匹敵します。
 

                                          

『贈与経済』の流儀−どのようにエネルギーを消費しますか

sample

 「われわれの富の源泉と本質は日光のなかで与えられるが、太陽のほうは返報なしにエネルギーを−富を−配分する。太陽は与えるだけでけっして受け取らない」(ジョルジュ・バタイユ『呪われた部分』)と、このようにバタイユは「普遍経済」をイメージしていました。これを『贈与経済』と言い換えることもできますが、常にエネルギーが過剰であることは何を意味するのか。生産のためのエネルギーが、成長のためのエネルギーが過剰に与えられているとことは、太陽エネルギーが無限に与えられていることは、「もしもその組織(たとえば一個の有機体)がそれ以上成長しえないか、あるいは剰余が成長のうちに悉く摂取されえないなら、当然それを利潤ぬきで損耗せねばならない。好むと好まざるとにかかわらず、華々しいかたちで、さもなくば破滅的な方法でそれを消費せねばならない」ことを意味していると。そうです、エネルギーが過剰に与えられているから、惜しみなく消費せざるをえないということが、人間の諸々の経済活動、あるいはもっと広く言えば、日の出諸エネルギーの関係の推移を位置づけていくことが、バタイユの謂う「普遍経済」の意味です。
  もうお分かりだと思いますが、地下化石燃料や原子力燃料に依存せずとも、人類は無償のエネルギーを手にできる段階になったといえます。そのことは、消費活動に伴い排出される温暖化ガスが原因となり、引き起こされる世界規模の気象変動の問題が解決され、持続可能な社会を希求するわたしたちの努力により、光熱費は限りなく、社会的費用として漸近し、個人的な費用としての意味を失っていくのだと思っています。



新着情報




ページトップへ

 

Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system