SUN ROAD実践編

設置事例:滋賀県東近江市 O邸

概要

 今回は、滋賀県の東近江市は宮荘町のO邸での太陽光発電の実績データをご提供頂き評価させて頂いた。設置場所としては、障害物のない理想的な田園都市型であり、冬季にはそれほどの多くはないが積雪の日もある気象条件でのデータとなっている。
 尚、太陽光発電とガスのエコ給湯器との併用である。

 
1.設計条件及び設備仕様
 項 目  内 容 
 住 所 滋賀県東近江市宮荘町(経度:E136.11.35.990、緯度:N35.9.17.710)
設置年月日2011年5月
 家族校正 6人
太 陽 電 池
メーカ仕様
・シャープ株式会社 住宅用太陽光発電システム SUNVISTA
・多結晶シリコン、切妻・陸屋根対応の高出力タイプ
・ND-163AW型、(1)モジュール変換効率:14.1%、(2)公称最大出力:163W、(3)面積:24枚(27.7m2
設置角度     °
特 徴ルーフィット設計:サイズの異なる太陽電池モジュールを組み合わせて設置できるルーフィット設計。 同じ屋根でも設置容量を増やすことができ、より多く発電できる。
 光熱機器什器(1)エアコン8台 台所IH使用2ヶ所 デロンギ暖房 空気清浄機3台 金魚水槽3台 テレビ3台 パソコン3台 食洗器 電子レンジ マッサージ機 T−fal湯沸かし器 トースター 洗濯機2台 冷蔵庫2台 冷凍庫1台 簡易ヒーター2台 他各部屋照明器具
(2)ガス使用床暖房4部屋 ガス使用洗濯乾燥機 ガスによる炊飯
(3)太陽光発電 シャープ 3.91kw  エコ給湯器コロナ460L

MKプラント



ページトップへ


発電実績

   

評価

 電力消費量に対する太陽光発電量の割合を発電率(%)で表し、2011年度と2012年度の比較データ表現したのが上図表である。年間を通じて、この家庭の太陽光発電寄与度は34%程度、最小値は1月度の約17%、最大値は8月度の約48%となる。この最低値から、現行の太陽光発電モジュールの面積から1月に必要面積を算定すると、27.7m2÷0.17=162.9m2、約5倍の面積が必要となる。夏場の8月度は約2倍必要となる。これを、変換効率で補うとすれば、1月で14%×5=70%、8月では14%×2=28%となり理論限界値に近くなることがわかる。
 また、節電などで12月から4月消費電力を約1/2程度に抑える工夫をすれば、年間を通して2倍モジュール面積の増設及び変換効率を28%程度に高めることができれば、充電装置を確保できれば、計算上では太陽光発電で百%賄えることができることになる。


ページトップへ


エコ給湯器

 この家庭では、ガス使用床暖房4部屋 ガス使用洗濯乾燥機 ガスによる炊飯などに、2011年7月より株式会社 コロナの天然ガスでエコキュート/CHP-HXE46AX1型(貯湯量:460リットル)を設置併用している。

:CHP-ED372AX1



ページトップへ


光熱・上下水道費の変動

設置前







設置後








導入効果

 エコ給湯器と太陽光発電の導入による効果を光熱費と上水道費の実績費用から算出すると下表のようになった。
 その特徴は、年間を通じてトータルで約34パーセント、内訳はm電気代が30パーセント、ガス代では、52パーセント、水道代では10パーセントとなっている。





ページトップへ


脚注及び関連項目



ページトップへ





Copyright (C) WINDOFWEEF All Rights Reserved.
inserted by FC2 system